経営士協会九州支部

経営士協会九州支部
トップページ >  よくある質問  >  10.共育について詳しく

質問 貴協会の「共業・共用・共育」について詳しくご説明くださっていますが、最後の「共育」とはなにかについて、さらに細かくご説明ください。「教育」と字を間違えているのではないでしょうか。
回答 私ども(特)日本経営士協会の共業・共用・共育の考え方についてご関心をお持ちくださり、ありがとうございます。

共業と共用についてお話ししましたが、ここでは共育にについてさらに突っ込んでご紹介しましょう。

◆ 「共育」とは

  一人の人間の知識や能力、経験などには、限界があります。そこで、各自が持っている良い面をお互いに提供し合い、一緒に育っていこうという考えです。

『協会の財産の共用を通じ、それを活用して、明日へのさらなる発展につなげ、共に成長する、相互研鑽である「共育」を進める。』

会員一人一人が持つ財産のお裾分けを相互にし合いながら、会員一人一人が大きくなれるように、研究発表の場、研修会、意見の発表などなどを通じて、皆で大きく成長できる組織でありたいと考えます。

◆ 「共育」で皆が成長できる

すなわち、会員一人一人の得意分野を、他の会員と共有し、それを共用しながら成長してゆこうという考えなのです。

すなわち、「共業・共用・共育」という考えを推進する重要な要素のひとつなのです。

(特)日本経営士協会に関するご質問 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会に関しては、下記URLにて詳しくご紹介しています。

入会希望の方へ

メールマガジン購読申し込み