経営士協会九州支部

経営士協会九州支部
トップページ >  よくある質問  >  16.日本経営士協会の会員種と入会昇格試験

質問 (特)日本経営士協会の会員にはいくつか種類があるようですがその概要を説明してください。
回答 歴史と伝統ある当協会の特長の一つが、目的に応じて入会時に会員種を選んだり、入会後の昇格に挑戦することができることです。また、このシリーズで引き続きご紹介する「ながら方式」をとっています。すなわち、「サラリーマンとして勉強しながら資格を取る」「会員として活動しながら資格を取る」「コンサルティング業務をしながら資格を取る」など、いろいろな「ながら」があります。

まずは、当協会に入会し、勉強しながら資格をとればよいのではないかと考えています。そのために、当協会では、資格を取得しなくても、資格取得の準備をする段階から入会でき、入会してから各種の準備を進めることができます。


会員種として、下記があります。

1 研究会員 一般企業の社員や学生向け
2 一般会員 将来経営士・コンサルタントを目指す人向け
       一般企業の経営者・管理職や社員向け
       士業資格を保有し、経営士資格を望まないがともに活動
3 資格会員 経営士・士補の資格取得でコンサルティング業務をする人
       高度な意思決定のできる経営者・管理職として努力する人


会員種 → http://www.jmca.or.jp/nyukai/nyukai.htm


(特)日本経営士協会に関するご質問 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会に関しては、下記URLにて詳しくご紹介しています。

入会希望の方へ

メールマガジン購読申し込み