経営士協会九州支部

経営士協会九州支部
トップページ >  よくある質問  >  20.経営士補とは、その費用は

質問 貴協会の一般会員とは別に、資格会員というのがありますが、その中の「経営士補」とは、どのような資格なのでしょうか。
回答 当協会の資格会員には、経営士と経営士補とがあります。

経営士補というのは資格会員に分類される会員種の一つであり、経営士を補佐して企業・組織の経営支援の手助けをできる資格でもあります。プロの経営コンサルタントとしてやっていこうとする人、プロ経営者・管理職として経営コンサルタント的手法や発想を自分の経営管理に取り入れたいという先進的な考えの人などが対象です。

主に、下記のような人にお勧めできます。

 ◇ 経営コンサルタントとして独立起業準備を進めている人
 ◇ コンサルティングファーム勤務者あるいは類似業務
 ◇ 経営関連の学部の大学卒業生または大学院在学・卒業された方
 ◇ 企業内で企画部門や社内コンサルタント業務に従事している人
 ◇ 先進的な経営に関心の高い経営者・管理職・社員
 ◇ 「士業」と呼ばれる国家資格またはそれに準ずる資格を有する人

経営士補資格取得方法については、次回のご質問に回しますので、ここでは、どのくらいの費用がかかるのかについてお話します。

経営士補は、経営関連の大学生や大学院生の入会者が多く期待されることもあり、入会金が比較的低く抑えられているだけではなく、年会費も一般会員と同額に抑えられています。

ただし、入会審査料は無料ですが、一般会員とは異なり入会金が4万円で、経営士補登録料として10,000円が別途必要となります。年会費は一般会員と同額の24,000円となっています。詳細は、下記 URLを参照されるか、当協会事務局までお問い合わせください。

http://www.jmca.or.jp/nyukai/nyukai_keieishiho.htm



(特)日本経営士協会に関するご質問 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会に関しては、下記URLにて詳しくご紹介しています。

入会希望の方へ

メールマガジン購読申し込み